筋肉量を増やす

インナーマッスルを鍛えると免疫力を上げることが出来ますから、中高年の方は効果的な運動とされる有酸素運動で筋肉量を増やしたいところです。最初に、全身の関節を動かすように努めます。関節が動けば身体に捻れが生じますから、その捻れがインナーマッスルに刺激を与えます。刺激を受けると筋肉はしなやかになり、全身の可動域が広がります。こうなると中高年でも楽に運動できますから、関節を意識した運動は欠かさず行うようにしましょう。
次に肩甲骨、ふくらはぎに意識を向けます。肩甲骨に注意するのは、その周囲に褐色脂肪細胞が存在するからです。脂肪といっても贅肉ではありません。白色脂肪細胞であれば余分な脂肪とも言えるのですが、褐色脂肪細胞はむしろ贅肉を燃焼してくれます。ですから肩甲骨を中心に鍛えることで、褐色脂肪細胞の機能を促進し、痩せることが期待できるのです。また血行も速めてくれるので、体温も高まります。一方、ふくらはぎに気を払うのは、その部位の伸縮が血流と関わっているからです。ふくらはぎは心臓に準じた機能を有しており、下半身で滞る血液を心臓に還しています。下半身の血流まで心臓に任せると過度の負担が掛かるため、ふくらはぎが補助的な役割を担っているのです。
最後に有酸素運動を無理のない範囲で実践します。水泳やヨガを難しいと感じる人でも、簡単な整体やウォーキングであれば難なくこなせるでしょう。姿勢を正しながら行うようにして下さい。最近は猫背の人が増えていますが、姿勢を悪くすると血流、リンパの流れは悪化します。少し後ろに反り返りながら歩くのが丁度良いと思われます。肩甲骨で腕を後ろに引きながら歩くのがコツです。


123mehndidesign.com

https://biographyly.com