未分類

体温と加齢

便秘に苦しむ人は多いでしょうが、その原因をきちんと認識している人は少ないかもしれません。便秘の原因としては、運動不足、水不足、野菜不足等が挙げられますが、それらに加えて、身体の冷えも便秘を惹き起こしてしまいます。便秘がどうしても治らない人は、試しに身体を温めてみましょう。日本人であれば入浴を楽しめる人も多いので、バスタイムに実践すると良いでしょう。まずはバスタブに浸かる時間を増やすことが大切です。バスタブに長時間浸かっていると、身体が温まるのはもちろんのこと、リラックスすることもできます。全身から汗が噴き出ていることが分かるくらい浸かり続けることが出来れば、身も心も落ち着けられます。もちろんのぼせる程の水温にしてはいけません。理想はぬるま湯に浸かることです。毎日繰り返すだけで、便秘が改善されることでしょう。

では加齢と便秘との関係はどうでしょうか。実は腸の働きは加齢とともに弱まり、蠕動運動自体が鈍くなることが知られています。蠕動運動とは腸壁の前後運動を指し、この運動によって便が肛門まで移動します。加齢はまた、食事量を減らすことになるため、便の量も減ってしまい、蠕動運動はさらに弱まります。長く腸に留まった便は水分が飛んで硬化し、排出が一層難しくなります。
便秘に悩むのは高齢者だけではありません。若い女性の多くも悩んでいるとされます。彼女たちは偏食やダイエットで便通のリズムを狂わせてしまうことが多い上に、薄着で身体を冷やす傾向にあります。いずれも便秘を招きやすいため、若いからといって油断すべきではありません。
体温を上げたり体の働きを活性化したりするために、整体をはじめとする運動を取り入れるのが役立つはずです。
いずれにしても、便秘の解消のために、薬を服用しすぎることだけは避けましょう。多少なら薬に頼ってもよいですが、薬には副作用がありますから、頻繁に利用してしまうと、却って便秘に陥りやすい身体が出来てしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


123mehndidesign.com

https://biographyly.com