未分類

ダイエット食品

置き換えダイエット食品というのは、3食の内の1食をその食品に代えるだけで痩せることの出来る商品として人気を博しています。確かに一食分のカロリーとしては低いため、用法を守れば痩せられることは間違いありません。ダイエット食品の導入で1日に摂取するカロリーが低下すると、低下分を脂肪の分解で補うため、理論的にも痩せると断言できます。
しかしダイエット食品にも欠点は存在します。1度は痩せることに成功した利用者の一部が、再び太ってしまうことです。俗に「リバウンド」と呼ばれている現象ですが、何故リバウンドが起こってしまうのでしょうか。ダイエット食品を使用している期間は適量の食事を心掛ける人も、そのダイエット期間が終了すれば、食欲のままに食べてしまいます。つまりダイエットを挟んだからといって、大食という癖自体は消失していないのです。彼らの肥満を根本的に解決するためには、この大食という行動を抑制しなければなりません。そのためには、大食の原因と考えられるストレスを対象としたアプローチが欠かせません。
リバウンドしてしまうほど強いストレスに襲われているわけですから、そのストレスを取り除く必要があります。残念ながらダイエット食品にはその機能がありません。
これを防ぐにはダイエット食品だけに頼らず、同時に整体などの運動を取り入れて体を鍛えはじめることが必要です。最近はパーソナルトレーナーの指導の下、短期集中型のプログラムを受ける人も増えていますが、リバウンドする人が後を絶ちません。高額な費用を支払うのですから、トレーニング終了直後の体型を維持するためのアプローチも、並行して考える必要があります。トレーニングが終了した後も、個人で運動を継続できるようにするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です